FAQ

0120-881-019

受付時間 10:30~19:30(最終受付19:00) ※元日のぞく

電話リモートサポートツール
JASDAQ
東証JASDAQ上場3020

インターネット画面に警告画面が表示されるときの対処法

回答

はじめに

Windowsパソコンでインターネットを閲覧中に、突然、「システム警告」「システム破損」「ウイルスに感染しました」という画面が現れ、
ブラウザを閉じることができないというようなトラブルが非常に多くなっています。

これは「詐欺広告(偽の警告を用いた詐欺)」で、ウイルス感染や故障ではありませんので、ご安心ください。中には大きな警告音が鳴り、お客様に不安を与える詐欺広告もありますが、慌てずに対処しましょう。

このような詐欺広告の対処法は「無視すること」となります。

こちらのFAQでは、詐欺広告の代表例と対処法をご紹介します。

対処方法

インターネット上の詐欺広告 代表例と注意点

インターネット上で以下の画像を例とする詐欺広告が表示された場合、
赤枠で囲まれている部分はクリックしないように注意してください。

 

◆慌てずに無視しましょう。
上記の画像のように嘘のメッセージや警告でお客様を不安にさせようとします。

(表示される偽のメッセージの例)
・セキュリティシステムが破損しています。
・Windowsシステムが古くなり、破損しています。
・あなたはWindowsドライバが古くなり、破損しています。
・すぐに行動してください。
・システムは、ウイルスに感染しています。

 

◆詐欺広告の表示には、「一切」触れないのが最前です。
画面を消そうと焦って「×(閉じる)ボタンを押してしまって、危険なソフトをパソコンに入れられてしまう可能性もあります。
・「×(閉じる)」「OK」「次へ」「続行」「削除」「ダウンロード」「スキャン」「更新」等

 

◆電話番号が表示され、電話をかけることを促されても、絶対に電話をかけないでください。
電話先は「詐欺の窓口」になっています。

 

 

詐欺広告を安全に閉じる方法

詐欺広告は無視をすることが大事なのですが、
詐欺広告の表示が開いたままであったり、警告音がなっていると、不快に感じてしまうものです。

詐欺広告を安全に閉じる方法をご紹介します。

①パソコン画面下のタスクバーのアイコンがない部分にカーソルを合わせて、右クリックします。
②タスクマネージャーをクリックして起動します。

 

③タスクマネージャーの中から詐欺広告が表示されたブラウザを探します。
(InternetExplorer、MicrosoftEdge、GoogleChromeなど)
④ブラウザを見つけたら、クリックして選択し、画面右下の[タスクの終了]をクリックします。

 

⑤再度、ブラウザを開いてみます。
この時、開いていたサイトを復元しますか?という内容のメッセージが出てきたら、「復元」はせずに、
[×(閉じる)ボタン]をクリックして閉じてください。

 

⑥再度、詐欺広告が出てこなければ解決となります。そのままインターネットをお使い頂いて問題ありません。

 

詐欺広告を防ぐために

インターネットを見るためのブラウザソフトは「GoogleChrome」をおすすめいたします。
詐欺広告被害が統計的に多いブラウザソフトは、「InternetExplorer」と「MicrosoftEdge」です。
無料ブラウザの「GoogleChrome」に切り替えることで、被害に合う確率を減らすことが出来ます。

②詐欺広告対策機能のあるセキュリティソフトを導入する。
詐欺広告対策機能を持ったセキュリティソフトも販売されています。
セキュリティソフトのご相談はお近くのアプライド店舗か、弊社コールセンターまでお問い合わせ下さい。

③怪しいサイトに気付けるように注意する。
詐欺広告を制作している詐欺業者は、様々な手段でお客様を騙そうとしています。
以下のような点を意識して頂くことで被害を防ぎやすくなります。
・怪しいサイトや不審なリンクにアクセスしない。
・よく知らない広告や海外サイトの広告をむやみにクリックしない。
・無料動画や無料マンガ、当選、プレゼントで誘惑するような広告は無視する。

 

詐欺広告でボタンをクリックしたり、電話をかけてしまった場合の対処法

◆詐欺広告で何らかの操作を行ってしまった場合、
悪意のあるソフトがダウンロードされている可能性があります。
以下のダウンロードについての確認を行って下さい。
ブラウザ上のダウンロードを確認する。
・パソコンのダウンロードフォルダを確認する。
・すべてのアプリから最近ダウンロードされた知らないソフトがないか確認する。
怪しいソフトがダウンロードされているのを見つけた場合は削除またはアンインストールを行います。

◆詐欺広告を見て、記載されている電話番号に電話をかけてしまった場合。
総務省や警察庁からの注意喚起、各種報道がされているように、同様の詐欺事件は続発しています。
お支払い、クレジットカード番号、金融機関情報、ギフトカード購入などの被害については、お近くの消費者センターまでご相談ください。

「全国消費生活センターの一覧」http://www.kokusen.go.jp/map/

 


 

それでも解決しない場合

FAQを見て解決しなかった場合は、下記へお問い合わせください。

※お問合せの際、【 FAQ番号:9を見た 】とお伝えいただければ、よりスムーズにご案内できます。

 

お問い合わせ方法

0570-783-792

【営業時間 10:30~19:30(最終受付19:00)】元旦を除く

①音声ガイダンスが流れますので、お申込番号「101」を押してください。

②オペレーターにつながりましたら、「13桁のID(会員番号)」をお伝えください。

③オペレーターへ「ご契約様名」をお伝えください。

 

■営業時間外の場合は、ご希望の日時(10:30~19:00)に合わせまして、お電話にて折り返しご連絡させて頂きます。
※営業時間外の場合は、翌日以降のご連絡となります。

折り返しお電話のご予約をご希望の方は、こちらからお申込みください。