FAQ

0120-881-019

受付時間 10:30~19:30(最終受付19:00) ※元日のぞく

電話リモートサポートツール
JASDAQ
東証JASDAQ上場3020

落雷や停電時の対処と対策方法

回答

雷による家電の故障について

落雷の最中に電源ケーブルを抜こうとすると感電の危険があるため、雷がなり始める前に電源ケーブルを抜くことが望ましいとされています。
特に7月~9月の夏場は、雷の発生件数が非常に多いため、注意が必要です。
また、停電時にも電源ケーブルを抜くことを推奨いたします。
特に、電力消費が大きい家電製品(エアコン・電子レンジなど)を使用していた場合、電源が戻った際に一斉に可動始めるとブレーカーやヒューズが飛んでしまう恐れがあるため、優先的に電源ケーブルを抜くとよいとされています。
なお、停電中には、転倒しないよう懐中電灯などを使用し十分な明かりを確保するようにしてください。

 

対処方法

1.事前に電源ケーブルなどを抜く

落雷の最中に電源ケーブルを抜こうとすると感電の危険があるため、雷がなり始める前に電源ケーブルを抜くことが望ましいとされています。
特に7月~9月の夏場は、雷の発生件数が非常に多いため、注意が必要です。
また、停電時にも電源ケーブルを抜くことを推奨いたします。
特に、電力消費が大きい家電製品(エアコン・電子レンジなど)を使用していた場合、電源が戻った際に一斉に可動始めるとブレーカーやヒューズが飛んでしまう恐れがあるため、優先的に電源ケーブルを抜くとよいとされています。
なお、停電中には、転倒しないよう懐中電灯などを使用し十分な明かりを確保するようにしてください。

 

2.雷サージ機能付きの電源タップを使用する

雷サージ保護機能付きの電源タップは、雷の過剰な電圧を吸収して家電の故障などを防ぐことができます。
なお、電源タップを使用する際には、タコ足配線(テーブルタップを複数接続)を行わないようにしてください。
また、電源タップの寿命は3年~5年と言われており、定期的に買い替えることを推奨いたします。
ご購入をご検討の場合、最寄りの店舗までご連絡ください。

 

 

3.停電対策用品を使用する

無停電装置(UPS)と呼ばれる製品を使用することで、停電時の電源喪失を一時的に防ぐことができます。
特にサーバーやルーターなど電源喪失による停止で、業務に大きな影響を与えるものには、UPSの使用を推奨いたします。
また、電力を多く使う時期には、一瞬停電する瞬停(瞬断)が起きる可能性が増加する傾向があり、繰り返し起きると最悪の場合、故障につながることもあります。
なお、UPSにはバッテリーが内臓されており、バッテリーの容量により持続時間や電源供給量が異なるため、使用している製品の電力量に応じて変更する必要があります。
UPSを導入ご検討の場合は、弊社HPC製品購入前ダイヤル(092-481-8050 受付時間10:00~17:00)までご連絡ください。

 


それでも解決しない場合

FAQを見て解決しなかった場合は、下記へお問い合わせください。

※お問合せの際、【 FAQ番号:1563 を見た 】とお伝えいただければ、よりスムーズにご案内できます。

 

お問い合わせ方法

0570-783-792

【営業時間 10:30~19:30(最終受付19:00)】元旦を除く

①音声ガイダンスが流れますので、お申込番号「101」を押してください。

②オペレーターにつながりましたら、「13桁のID(会員番号)」をお伝えください。

③オペレーターへ「ご契約様名」をお伝えください。

 

■営業時間外の場合は、ご希望の日時(10:30~19:00)に合わせまして、お電話にて折り返しご連絡させて頂きます。
※営業時間外の場合は、翌日以降のご連絡となります。

折り返しお電話のご予約をご希望の方は、こちらからお申込みください。