FAQ

0120-881-019

受付時間 10:30~19:30(最終受付19:00) ※元日のぞく

電話リモートサポートツール
JASDAQ
東証JASDAQ上場3020

Excelで西暦を和暦に変換する方法

回答

はじめに

このFAQについて

社内の書類やお客様の入力書類などで、年月日が西暦と和暦が混ざって記入されているケースがあります。

西暦と和暦の変換を確認するのに、インターネットで調べるのも一つの手ですが、

Excelで西暦で入力された生年月日などのデータを、和暦に変える方法を使えると便利です。

操作方法

Excelで西暦を和暦に変換する方法

西暦を和暦に変換するには、以下の操作手順を行ってください。

日付を入力するセルをクリックします


ここでは例として、セルA1をクリックします。

「ホーム」タブをクリックし、「セル」グループから「書式」をクリックします。
表示された一覧から「セルの書式設定」をクリックします。

Microsoftアカウントのパスワードを入力し、「サインイン」をクリックします。

「個人用Officeアカウント」という画面が表示されます。
「再インストール」をクリックします。

 

「日付」のカレンダーの種類を変更する場合

「表示形式」タブクリックし、「分類」ボックスから「日付」をクリックします。
「カレンダーの種類」ボックスから「和暦」をクリックし、「種類」ボックスから「平成xxxxxx日」をクリックして、「OK」をクリックします。

 

「ユーザー定義」を使用する場合

「表示形式」タブクリックし、「分類」ボックスから「ユーザー定義」をクリックします。

「種類」ボックスに「ggge”“m”“d”」と入力し、「OK」をクリックします。

 

————————————————————————–

 

それでも解決しない場合

FAQを見て解決しなかった場合は、下記へお問い合わせください。

※お問合せの際、【 FAQ番号:215 を見た 】とお伝えいただければ、よりスムーズにご案内できます。

 

お問い合わせ方法

0570-783-792

【営業時間 10:30~19:30(最終受付19:00)】元旦を除く

①音声ガイダンスが流れますので、お申込番号「101」を押してください。

②オペレーターにつながりましたら、「13桁のID(会員番号)」をお伝えください。

③オペレーターへ「ご契約様名」をお伝えください。

 

■営業時間外の場合は、ご希望の日時(10:30~19:00)に合わせまして、お電話にて折り返しご連絡させて頂きます。
※営業時間外の場合は、翌日以降のご連絡となります。

折り返しお電話のご予約をご希望の方は、こちらからお申込みください。