FAQ

0120-881-019

受付時間 10:30~19:30(最終受付19:00) ※元日のぞく

電話リモートサポートツール
JASDAQ
東証JASDAQ上場3020

iPhoneでAirDropを使用する方法

回答

はじめに

このFAQについて

AirDropとは、iPhoneやiPadなどのApple製品どうしで、簡単に写真や動画の送り合いができる機能です。
インターネットに繋がっていなくても、データの送受信やエクセルファイル等のデータも送れるため非常に便利です。

 

動画で確認する

操作方法

例としてAirDropで写真を送る場合の方法をご説明いたします。

受け取る側の設定

初めに受け取る側の設定を行います。
1.ホーム画面の中から歯車のようなマークの[設定]をタップします。
2.[一般]>[AirDrop]をタップします。
3.[すべての人]に設定します。

[受信しない]は誰からも受け取らないという設定です。
日常的には[受信しない]で問題ないと思います。
[連絡先のみ]は電話帳に登録されている人しか受け取れないという設定です。
[すべての人]は誰からも受信できるという設定です。
普段は[受信しない]に設定しておき、AirDropを使う時だけ[すべての人]に変更することをおすすめします。

これで、受け取る側の設定は終了です。

 

送信から受け取り

送る側の設定を行います。
1.[写真]アプリの中にある送信したい画像データを
2.左下の四角から上向きの矢印が出ている[共有]ボタンをタップしてください。
3.[AirDrop]というアイコンをタップしてください。
4.写真を送ることのできる端末が表示されるので、送信先を選んでタップしてください。

 

ここからは受信側の操作に戻ります。
5.送信先に選ばれた端末に「AirDrop/1枚の写真を共有しようとしています。」という通知が表示されるので、[受け入れる]をタップしてください。
「写真」アプリのカメラロールへ受信した写真が保存されます。

6.受信後、AirDropの受信設定を[すべての人]から[受信しない]に戻しておきましょう。
※受信設定を[すべての人]にしていると、他人のAirDropの送信先の一覧に表示されてしまいます。

これでAirDropで写真を送ることができました。

 

AirDropはLINEなどで写真を送る場合と違い、通信料を使いません。
写真や動画を送り合う場合は、AirDropを使うことをおすすめします。
30分以上の動画のような容量の大きなデータも送ることができますので、AirDropを活用してスムーズにデータのやり取りを行いましょう。

 

それでも解決しない場合

FAQを見て解決しなかった場合は、下記へお問い合わせください。

※お問合せの際、【 FAQ番号:1475 を見た 】とお伝えいただければ、よりスムーズにご案内できます。

 

お問い合わせ方法

0570-783-792

【営業時間 10:30~19:30(最終受付19:00)】元旦を除く

①音声ガイダンスが流れますので、お申込番号「101」を押してください。

②オペレーターにつながりましたら、「13桁のID(会員番号)」をお伝えください。

③オペレーターへ「ご契約様名」をお伝えください。

 

■営業時間外の場合は、ご希望の日時(10:30~19:00)に合わせまして、お電話にて折り返しご連絡させて頂きます。
※営業時間外の場合は、翌日以降のご連絡となります。

折り返しお電話のご予約をご希望の方は、こちらからお申込みください。