FAQ

0120-881-019

受付時間 10:30~19:30(最終受付19:00) ※元日のぞく

電話リモートサポートツール
JASDAQ
東証JASDAQ上場3020

Windows Defenderの有効無効を切り替える方法

回答

はじめに

Windows Defenderとは

Windows Defenderは、Windows 10には標準で搭載されているセキュリティ機能です。
Windows Defenderは、コンピュータ-ウイルスやスパイウェアなどを検出し、削除することができます。

※他のセキュリティ対策ソフトを実行している場合は、機能しない場合があります。

対処方法

1.リアルタイム保護を有効に設定する方法

Windows 10のWindows Defenderでリアルタイム保護を有効または無効に設定は、以下の操作で行って下さい。

1.スタートクリックします。

 

2.「設定」をクリックします。

 

3.「更新とセキュリティ」をクリックします。

 

4.画面左側の、Windowsセキュリティ」をクリックします。

 

5.Windowsセキュリティを開く」をクリックします。

 

6.「ウイルスと脅威の防止」をクリックします。

 

7.「ウイルスと脅威の防止の設定」の欄で、「有効にする」をクリックします。

 

8.「ユーザーアカウント制御」表示された場合は、「はい」をクリックします。

 

9.「ウイルスと脅威の防止の設定」欄に、「操作は不要です」と表示されていれば、左の「ホーム」をクリックします。

 

10.リアルタイム保護が有効になると、以下の画面表示になります。

 

2.リアルタイム保護を無効に設定する方法

リアルタイム保護を無効に設定する場合は、以下の操作をします。
※この操作で無効にしても、暫くすると自動的に有効になります。

1.「スタート」をクリックします。

 

2.「設定」をクリックします。

 

3.「更新とセキュリティ」をクリックします。

 

4.画面左側の、Windowsセキュリティ」をクリックします。

 

5.Windowsセキュリティを開く」をクリックします。

 

6.「ウイルスと脅威の防止」をクリックします。

 

7.「ウイルスと脅威の防止の設定」の欄で、「設定の管理」をクリックします。

 

8.「リアルタイム保護」の欄の、「オン」をクリックします。

 

9.「ユーザーアカウント制御」表示された場合は、「はい」をクリックします。

 

10.「リアルタイム保護」が、「オフ」になります。以上で操作は完了です。

 

それでも解決しない場合

FAQを見て解決しなかった場合は、下記へお問い合わせください。

※お問合せの際、【 FAQ番号:1624 を見た 】とお伝えいただければ、よりスムーズにご案内できます。

 

お問い合わせ方法

0570-783-792

【営業時間 10:30~19:30(最終受付19:00)】元旦を除く

①音声ガイダンスが流れますので、お申込番号「101」を押してください。

②オペレーターにつながりましたら、「13桁のID(会員番号)」をお伝えください。

③オペレーターへ「ご契約様名」をお伝えください。

 

■営業時間外の場合は、ご希望の日時(10:30~19:00)に合わせまして、お電話にて折り返しご連絡させて頂きます。
※営業時間外の場合は、翌日以降のご連絡となります。

折り返しお電話のご予約をご希望の方は、こちらからお申込みください。