FAQ

0120-881-019

受付時間 10:30~19:30(最終受付19:00) ※元日のぞく

電話リモートサポートツール
JASDAQ
東証JASDAQ上場3020

Windows11の動作必須条件:【TPM 2.0】を有効化する方法

回答

はじめに

TPMとは

TPM(Trusted Platform Module)とはパソコンを守るための「鍵」を管理する機能のことです。
データの暗号化や認証に必要な「鍵」を生成、管理するパソコン内の独立した機能になります。

操作方法

TPM 2.0を有効化する方法

この操作ではBIOS上の設定を行う必要があります。
誤った操作をしてしまうとデータの消失などの可能性もありますので、必要なデータ等のバックアップを取った上で操作を行ってください。

1.「Windowsマーク」を右クリックし、「設定」をクリックします。

 

2.「更新とセキュリティ」をクリックします。

 

3.左側の項目の中から「回復」をクリックし、「今すぐ再起動」をクリックします。

 

4.「トラブルシューティング」をクリックします。

 

5.「詳細オプション」をクリックします。

 

6.「UEFI ファームウェアの設定」をクリックします。

 

7.「再起動」をクリックします。

 

ここからの操作はマザーボードのメーカーによって異なりますので、参考に操作を行ってください。
この記事ではASRock製のマザーボードを例に設定を行っています。

8.キーボードの「F6」キーを押し、「Advanced Mode」へ移行します。

 

9.「方向」キー(←→)を押して「Security」タブへ移動します。
10.「方向」キー(↑↓)を押して「Intel(R) Platform Trust Technology」項目で「Enter」キーを押し、「Enabled」を選択し「Enter」キーを押します。

※他メーカーのマザーボードでは以下のような設定の仕方の場合があります。

・例「Trusted Computing」>「TPM 2.0」の設定値を「Enabled」へ変更する。
・例「Advanced」>「PCH-FW Configuration」>「TPM Device Selection」を「Firmware TPM」へ変更する。

 

11.「方向」キー(←→)を押して「Exit」タブへ移動します。
12.「方向」キー(↑↓)を押して「Save Changes and Exit」項目で「Enter」キーを押します。

 

13.「Save configuratin changes and exit setup?」を表示されますので、「Yes」へカーソルを合わせ「Enter」キーを押します。
これでTPMの有効化は完了です。