FAQ

0120-881-019

受付時間 10:30~19:30(最終受付19:00) ※元日のぞく

電話リモートサポートツール
JASDAQ
東証JASDAQ上場3020

Windows11(ベータ版)からWindows10へ戻す方法

回答

Windows11(ベータ版)からWindows10へ戻す方法

Windows11(ベータ版)からWindows10へ戻す方法は2つあります。
どちらの方法で行う際も何らかの問題が発生する可能性がありますので、事前に必要なファイルなどのバックアップを作成してから行ってください。

 

1.Windows11をインストールしてから10日以内の場合

Windows11をインストールしてから10日以内の場合には、Windows11の設定からWindows10へ戻すことができます。
以下の操作でダウングレードを行ってください。

1.画面下部の「スタート」をクリックし、「設定」をクリックします。
2.設定が表示されたら、左側の「システム」項目をクリックし、「回復」をクリックします。
3.「回復オプション」の中から「復元」をクリックします。
※「回復オプション」の「復元」がグレーアウトし、クリックできない場合は、回復機能から Windows10 に戻すことはできなくなっている状態です。
「2.Windows11をインストールして10日が経過してしまった場合」を参考にWindows10のインストールを行ってください。

4.「Windows 10に復元する」というウインドウが開きますので、以前のバージョンに戻す理由を選択して「次へ」をクリックします。
5.アップデートをチェックしますか?」と表示されますので、「行わない」をクリックします。
6.「知っておくべきこと」が表示されますので記載の内容に問題がなければ、「次へ」をクリックします。
7.「ロックアウトされないようにご注意ください」と表示されるので、「次へ」をクリックします。

※ロックアウトとはパスワード入力を一定回数間違った場合にアカウントが一時的に無効になることです。
Windows11へアップデート後にパスワードを変更している場合でも、Windows11へのアップデート以前に設定していたパスワードが必要になりますのでご注意下さい。

8.「Windows 11 をお試しいただきありがとうございます」と表示されますので、「Windows 10 に復元する」をクリックします。
9.しばらくするとWindows10で起動されますので、Windows11へのアップデート以前に設定していたパスワードでサインインを行ってください。
これでWindows11からWindows10へのダウングレードは完了です。

この方法を利用すると、個人ファイルを残したままWindows10へ戻すことができます。
10日を経過してしまうと、システムファイルが削除されるのでこの方法は使うことができなくなります。

 

2.Windows11をインストールして10日が経過してしまった場合

Windows11をインストール後、10日が経過してしまった場合はインストールディスクやUSBドライブを使用して、Windows10を新規にインストールする必要があります。
この方法はパソコンが工場出荷時の状態に戻りますので、個人ファイルは削除されます。
必要なファイルなどのバックアップを作成してから作業を行ってください。