FAQ

0120-881-019

受付時間 10:30~19:30(最終受付19:00) ※元日のぞく

電話リモートサポートツール
JASDAQ
東証JASDAQ上場3020

スマートフォンが水没したときの対処法

回答

はじめに

このFAQについて

スマートフォンの故障の中でも、水没が原因のものは少なくありません。
お風呂やトイレに落としてしまったり、ポケットに入れたまま選択といった事故が多いようです。
万が一、スマートフォンを水没させてしまった場合に、どのように対応すればよいのか、対処法をご説明します。

動画で見る

操作方法

スマートフォンを水没させてしまったときの対処法

①電源を切る。
水没時には、まず、電源が入っている時は電源を切る事が重要です。
電源が入ったままだと、内部に水分が入っていくと、ショートしてしまう可能性があります。

②水分を拭き取る。
スマートフォンの水分を乾いたタオルでしっかり拭き取ります。
内部に浸水している可能性があるので、蓋を開けて内部も確認しましょう。
イヤホンジャックや充電口などに入り込んでしまった水分も、忘れずに拭き取りましょう。

③SIMカードやバッテリーを外す
水分を拭き取る過程でSIMカードやバッテリー、SDカードなど、取り外せる部品はすべて外しましょう。
大事なカードをすぐに取り出しておけば、スマートフォンの機器自体が水没故障してしまった場合にも、
保存されている情報を保護出来る可能性が高くなります。

④乾燥させる 
最後に乾燥させて、無事に水没故障しないことを祈りましょう。
乾燥剤とともにタッパー等の密閉容器に入れておく方法が有効です。

以上が、スマートフォンが水没した時の対処方法です。
この対処法での復旧が上手くいかない場合は、携帯会社や修理会社に持ち込んで修理を依頼します。
また、スマートフォンの契約時に、対応するオプションサービスに加入していると
修理代金が無償または格安になる場合がありますので、確認しましょう。

 

スマートフォンの水没時に、「やってはいけないNG行動」

 

・濡れまま電源を入れる
絶対にやってはいけないのが、スマホが濡れたままあわてて電源を入れること。
水没時点ではスマホは無事でも、濡れたまま通電することで内部がショートしてしまうことがあります。
同じ理由から、濡れたまま充電することも控えてください。

 

・ドライヤーの温風は危険
スマートフォンを乾燥させるためにドライヤーの温風をあてる方もいらっしゃるのですが、
スマートフォンの内部部品は熱に弱いものが多いです。
温風をあてることで内部が損傷し故障してしまうことがあります。

 

・スマホを振る。
水滴を外に出そうと、スマホを振ることは逆効果です。
水滴が更に内部に入り込み、悪化する可能性があります。

————————————————————————–

 

それでも解決しない場合

FAQを見て解決しなかった場合は、下記へお問い合わせください。

※お問合せの際、【 FAQ番号:1466 を見た 】とお伝えいただければ、よりスムーズにご案内できます。

 

お問い合わせ方法

0570-783-792

【営業時間 10:30~19:30(最終受付19:00)】元旦を除く

①音声ガイダンスが流れますので、お申込番号「101」を押してください。

②オペレーターにつながりましたら、「13桁のID(会員番号)」をお伝えください。

③オペレーターへ「ご契約様名」をお伝えください。

 

■営業時間外の場合は、ご希望の日時(10:30~19:00)に合わせまして、お電話にて折り返しご連絡させて頂きます。
※営業時間外の場合は、翌日以降のご連絡となります。

折り返しお電話のご予約をご希望の方は、こちらからお申込みください。