FAQ

0120-881-019

受付時間 10:30~19:30(最終受付19:00) ※元日のぞく

電話リモートサポートツール
JASDAQ
東証JASDAQ上場3020

パソコンの動きが遅いときの対処方法(部品交換)

回答

はじめに

パソコンの動作は製品性能(スペック)が大きく影響する

パソコンの動きが遅いときには、パソコンの性能が足りていない場合や経年劣化などによりパソコンの性能が低下している場合などがあります。
パソコンのスペックに大きく影響を与える代表的なものとして以下のような部品があります。
1.記憶装置(メモリHDD/SSD)
2.中央演算処理装置(CPU)
3.グラフィックボード/ビデオカート(GPU)

このFAQではパソコンの動きが遅いときの対処方法についてご紹介します。
なお、GPUは限られた状況での改善となる可能性が高いため、こちらをご参考ください(リンクがあればGPU関連のリンクを貼る、なければ消す)

解決方法

1.HDD搭載モデルの場合、SSDに変更する

パソコンを動作させるためのWindowsのデータやソフトウェアは、ハードディスク(HDD)に保存されるため、HDDの性能がパソコンの動作に大きく影響します。
HDDは、円盤状の記録媒体を高速で回転させデータの読み書きを行う装置となっており、経年劣化などにより読込・書込速度が低下していき、一般的な寿命は平均3年~4年(約26,000~35,000時間)とも言われています。


そこでパソコンを快適にする有効な手段として、HDDをソリッドステートドライブ(SSD)に変更するという方法があります。
SSDは、HDDと構造が全く異なりメモリーチップにデータの読み書きを行い、駆動装置が存在しないことが主な特徴です。
駆動装置がないため、HDDより衝撃や経年劣化に強くなっており、データの読み書き速度においてはHDDより3倍程度速いです。
データの読み書きの速度が上がることにより、Windowsやアプリケーションの起動速度が改善したり、データを開いたり保存するときなど、パソコンの動作全般に改善が見込めます。
パソコンが遅いと感じた時は、こちらの方法をご検討ください。なお、交換作業は店舗テクニカルカウンターでも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

2.メモリを増設する 

ウイルス対策ソフトなどのような常に動作しているソフトウェア(常駐ソフト)インストールしている場合、メモリが不足し、パソコンの動作が遅くなる場合があります。

このような場合には、メモリを増設することにより改善されることがあります。
メモリを増設したい場合には、店舗テクニカルカウンターでも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

3.パソコンを買い替える

ソフトウェアは、最新のものになるにつれ、必要とされる性能が高くなってしまうものがあります。
特に動画編集・図面作成・ゲームなどを快適に動作させようとする場合には、パソコンそのものを買い替えたほうが良い場合もあります。
お客様のご要望にお答えできるよう専門のスタッフがおりますので、お気軽に最寄りの店舗までお問い合わせください。

 

4.解決しない場合

パソコンの設定を調整することで多少スピードを速くすることは出来ますが、

スペック不足が大きな原因であることが多いです。

パソコンに応じて、パソコンの設定を調整して遅延の原因を取り除きたい場合は、

リモートサポートやお近くのアプライド店舗でパソコンの状態を確認させて頂きます。

 

————————————————————————–

 

それでも解決しない場合

FAQを見て解決しなかった場合は、下記へお問い合わせください。

※お問合せの際、【 FAQ番号:1416 を見た 】とお伝えいただければ、よりスムーズにご案内できます。

 

お問い合わせ方法

0570-783-792

【営業時間 10:30~19:30(最終受付19:00)】元旦を除く

①音声ガイダンスが流れますので、お申込番号「101」を押してください。

②オペレーターにつながりましたら、「13桁のID(会員番号)」をお伝えください。

③オペレーターへ「ご契約様名」をお伝えください。

 

■営業時間外の場合は、ご希望の日時(10:30~19:00)に合わせまして、お電話にて折り返しご連絡させて頂きます。
※営業時間外の場合は、翌日以降のご連絡となります。

折り返しお電話のご予約をご希望の方は、こちらからお申込みください。