FAQ

0120-881-019

受付時間 10:30~19:30(最終受付19:00) ※元日のぞく

電話リモートサポートツール
JASDAQ
東証JASDAQ上場3020

メールが送信エラーで送れないときの対処法

回答

はじめに

メールが送信エラーで送れないとき

メールが送信エラーで送れない場合は、送信先のメールアドレスの入力ミスや送信先側に問題がある可能性があります。
それぞれの対処法をご説明いたします。

操作方法

1.メールアドレスの入力ミス

メールが送信できない場合に一番多いのは、メールアドレスの入力ミスです。
以下のメールアドレスの入力でよく間違えられる文字を確認してみましょう。

[0, O] / [0]数字の0、[O]大文字のオー
[l, I, 1, 7] / [l]小文字のエル、[I]大文字のアイ、[1]数字の一、[7]数字の七
[q, 9] / [q]小文字のキュー、[9]数字の九
[v, u. y] / [v]小文字のブイ、[u]小文字のユー、[y]小文字のワイ
[ – , _ ] / [ – ]ハイフン、[ _ ]アンダーバー

 

2.送信エラーの原因の特定

送信エラーが起きた際に、英文のメールが送られてくることがあります。
そのメールには送信エラーが起きた原因が記載されています。
エラーメッセージの内容に応じて対処しましょう。

・[User unknown]
送信先のメールアドレスの「@より前の名前」に当てはまるメールアドレスが存在していません。
メールアドレスの入力ミスの可能性が高いので、再度メールアドレスを確認してみましょう。

・[HOST unknown]
送信先のメールアドレスの「@より後ろのホスト名」に当てはまるメールアドレスが存在していません。
メールアドレスの入力ミスの可能性が高いので、再度メールアドレスを確認してみましょう。

・[Message size exceeds remaining quota][over quota]
送信先のメールボックスの容量に空きがありません。
送信相手にメールボックスの容量に空きを作るようにお願いしてください。

・[Message exceeds maximum fixed size][this mailbox is full][Message is too large]
送信したメールのサイズが大きいために、送信先のメールボックスの空きが足りないか、送信先が一通のメールで受け取れるサイズを超えている可能性があります。
メールの容量を小さくするか、メールを分割や圧縮して送ってみましょう。

・[Message could not be delivered]
送信先のメールサーバーインターネット回線の不具合の可能性があります。
送信相手にメールサーバーやインターネット回線の不具合の確認をお願いしてください。


それでも解決しない場合

FAQを見て解決しなかった場合は、下記へお問い合わせください。

※お問合せの際、【 FAQ番号:1454 を見た 】とお伝えいただければ、よりスムーズにご案内できます。

 

お問い合わせ方法

0570-783-792

【営業時間 10:30~19:30(最終受付19:00)】元旦を除く

①音声ガイダンスが流れますので、お申込番号「101」を押してください。

②オペレーターにつながりましたら、「13桁のID(会員番号)」をお伝えください。

③オペレーターへ「ご契約様名」をお伝えください。

 

■営業時間外の場合は、ご希望の日時(10:30~19:00)に合わせまして、お電話にて折り返しご連絡させて頂きます。
※営業時間外の場合は、翌日以降のご連絡となります。

折り返しお電話のご予約をご希望の方は、こちらからお申込みください。