FAQ

0120-881-019

受付時間 10:30~19:30(最終受付19:00) ※元日のぞく

電話リモートサポートツール
JASDAQ
東証JASDAQ上場3020

iPhoneを紛失してしまったときの対処法

回答

はじめに

このFAQについて

このFAQでは、iPhoneを紛失した場合の対処法についてご説明します。
iPhoneを失くしてしまったら不安だと思いますが、
適切な手順で対処すれば、悪用を防げたり手元に戻ってきたりする可能性は高まります。
以下の手順で実行してみください

操作方法

「iPhoneを探す」機能をオンにしていた場合

まずは失くしたiPhoneの場所を確認を行います。
・パソコンやタブレット、Android端末から探す場合
ブラウザで「iCloud – iPhoneを探す」https://www.icloud.com/findにアクセスしてサインインしてください。
・他のiPhone(友人や家族のを借りる)から探す場合
2台目の端末、または家族の端末を借りるなどして、「iPhoneを探す」アプリにサインイン。

今回はiPhoneから探す手順をご紹介しますが、PC版でもやることは同じとなります。
※紛失したiPhoneの電源が切れていた場合、電源がつきネットに繋がった時点で位置情報が随時送信されます。

 

1「.探す」アプリタップしてください。※このアプリは標準で入っています。   

 

2.自分のApple IDとパスワードを入力してください

3.Apple IDに紐付いた端末一覧が出きます。紛失した端末を選択してください。

この手順で見つかれば紛失した場合でも見つけることができます。
しかし、位置情報サービスがオフになっていたり、バッテリーが切れていたりすると現在位置を割り出すことができなくなるため、早めの対策が必要となります。

 

「iPhoneを探す」機能をオンにしていない場合

iphoneにFaceIDやTouch IDやパスコードを設定していれば使われる心配はあまりありませんが、
ロックをかけていなければ悪用や個人情報の漏洩の可能があります。

 

その場合は、クレジットカードの停止やSNS等のパスワードの変更を行い、
悪用されない様に防ぐことをお勧めします。
次に警察に遺失届を出してください。
その際、警察にiphoneのシリアル番号を求められる場合がありますので、製品のパッケージを
一緒に警察に持っていくことをお勧めします。

 

紛失に備えて事前対策をお勧めします。

1.パスコード(Touch ID・Face ID)は必ず登録する事をお勧めします。

iPhoneはSNSのやり取りや決済情報など、個人情報の塊となります。。
悪用されれば知人にも迷惑をかけることになるので、ロックをかけることは必須です。

2.普段からバックアップをとることをお勧めします。

壊れてしまったり行方不明になったりする可能性もあります。
バックアップをとっておけば、新しい端末を買った際、元のデータを復元ができます。

3.「iPhoneを探す」をオンにすることをお勧めします。

「設定」のなかの一番上のアカウントの表示をタップします。

AppleIDの「探す」をタップします。

iPhone探すを「オン」にします。

 

 

 

 

それでも解決しない場合

FAQを見て解決しなかった場合は、下記へお問い合わせください。

※お問合せの際、【 FAQ番号:1399 を見た 】とお伝えいただければ、よりスムーズにご案内できます。

 

お問い合わせ方法

0570-783-792

【営業時間 10:30~19:30(最終受付19:00)】元旦を除く

①音声ガイダンスが流れますので、お申込番号「101」を押してください。

②オペレーターにつながりましたら、「13桁のID(会員番号)」をお伝えください。

③オペレーターへ「ご契約様名」をお伝えください。

 

■営業時間外の場合は、ご希望の日時(10:30~19:00)に合わせまして、お電話にて折り返しご連絡させて頂きます。
※営業時間外の場合は、翌日以降のご連絡となります。

折り返しお電話のご予約をご希望の方は、こちらからお申込みください。