FAQ

0120-881-019

受付時間 10:30~19:30(最終受付19:00) ※元日のぞく

電話リモートサポートツール
JASDAQ
東証JASDAQ上場3020

DVDの再生が止まる場合の対処法

回答

はじめに

DVDの音や映像が再生途中で停止したり、飛んだり、ブロック状のノイズが出ます。

DVDレコーダーやパソコンのドライブで再生すると映像が乱れたり停止したりする原因はいくつか考えられます。
1.DVDディスクに原因がある場合
2.DVDプレーヤーの不調や故障
3.アプリによる不具合などが考えられます。

操作方法

1.DVDディスクに原因がある場合

・ディスクのデータ記録面にキズや指紋やほこりなどの汚れが発生している可能性があります。
 見えないような微細な汚れ・キズがあっても再生トラブルの原因となる場合もございます。
 汚れであれば、めがね拭きのような柔らかい布で、ディスク中心部分より放射状にクリーニングすることで解消する場合があります。
・他のDVDは再生するのに、このDVDだけ再生しないなどは経年劣化も考えられます。時間がたつにつれてディスク自体が劣化していき、プレーヤーで読み込めなくなるのです。
◆DVDなどの光ディスクの寿命は10年から30年といわれています。
・海外からの輸入DVDなどは日本では再生できません。

2.DVDプレーヤーの不調や故障

・機器のレンズが汚れている可能性があります。
 レンズが汚れているとレーザー光線のパワーが低下しますので再生できなくなる可能性があります。
この場合はレンズクリーナーでクリーニングを行うことで再生できるようになることはあります。
この点に関しましては機器メーカーにお問い合わせ頂きますようお願いします。
・機器のドライバーが古いことはありませんでしょうか。
ドライバーが古いことで最適記録条件で記録できなかったため再生エラーが発生する可能性があります。
スタートメニューを右クリックして「デバイスマネージャー」を開き「DVD/CD-ROM ドライブ」を右クリックして、「ドライバーの更新」→「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索」を選択してください。


・更新できるドライバーが見つからなかった場合は、「デバイスのアンインストール」をクリックしてからパソコンを再起動しましょう。DVDドライブが接続されていれば、パソコンを再起動した後にドライバーが自動的に再インストールされます。
・DVD2層による不具合
 映画などの市販DVDは画質向上のために2層ディスクを採用していることが多く、だいたい1時間~1時間半あたりで再生データが1層目から2層目に突入します。そのとき一瞬のタイムラグが発生する場合があります。
 また、二層構造のディスクは機器のレンズが劣化するとまず二層目のリードにエラーが多発する傾向があります。劣化初期の段階では一層目は問題なく再生できてしまいますが、ブレイクポイント以降で停止してしまうことがあります。

3.アプリによる不具合など

・再生アプリを変更するなど試して下さい。
・ご使用中のアプリを再インストールなど試して下さい。
・コーデックがインストールされていない。
 DVDを再生するには「コーデック」と呼ばれるファイルが必要です。「MPEG-2 ビデオ拡張機能」は、Microsoftから提供されている拡張機能です。
 Microsoft Storeにアクセスにし、「MPEG-2 ビデオ拡張機能」をインストールしてください。


・メニュー画面から先に進まない場合。
 DVDメニュー画面から、項目を選択して、再生してください。タイトルによっては、項目選択しないと再生できない仕様のものがあります。

 

 

それでも解決しない場合

FAQを見て解決しなかった場合は、下記へお問い合わせください。

※お問合せの際、【 FAQ番号:1045 を見た 】とお伝えいただければ、よりスムーズにご案内できます。

 

お問い合わせ方法

0570-783-792

【営業時間 10:30~19:30(最終受付19:00)】元旦を除く

①音声ガイダンスが流れますので、お申込番号「101」を押してください。

②オペレーターにつながりましたら、「13桁のID(会員番号)」をお伝えください。

③オペレーターへ「ご契約様名」をお伝えください。

 

■営業時間外の場合は、ご希望の日時(10:30~19:00)に合わせまして、お電話にて折り返しご連絡させて頂きます。
※営業時間外の場合は、翌日以降のご連絡となります。

折り返しお電話のご予約をご希望の方は、こちらからお申込みください。